Windowsのクラッシュダンプの違い

 
カテゴリー Windows   タグ

クラッシュダンプで取得できるもの

Windowsはクラッシュ時にメモリダンプするが、設定によって取得できる領域が異なる。

取得モード 取得できる内容
最小メモリダンプ(256KB) 例外が発生したプロセス情報や呼び出しスタック
カーネルメモリダンプ カーネルモードのメモリ情報
完全メモリダンプ すべて

これに加えて、Windows 10では以下のモードを利用することができる。デフォルトでは自動メモリダンプが選択されている。

取得モード 取得できる内容
自動メモリダンプ カーネルメモリダンプと同じ
アクティブメモリダンプ 完全メモリダンプからトラブルシューティングに関連しないページを除外

レジストリでは\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\CrashControlに設定が保存されてている。

設定はシステムの詳細設定起動と回復 -> 設定で確認できる。

WindowsCrushdump width=320

WindowsCrushdump width=320

カーネルメモリダンプに含まれないものは?

カーネルメモリダンプには未割当メモリやユーザモードアプリケーションに割り当てられたメモリは含まない。

ミニダンプに含まれるものは?

含まれているものは以下。

  • Stopメッセージとそのパラメーターとその他のデータ
  • 読み込まれたドライバーの一覧
  • 停止したプロセッサのプロセッサ コンテキスト (PRCB)
  • 停止したプロセスのプロセス情報とカーネル コンテキスト (EPROCESS)
  • 停止したスレッドのプロセス情報とカーネル コンテキスト (ETHREAD)
  • 停止したスレッドのカーネル モード呼び出し履歴

自動メモリダンプとカーネルメモリダンプの違いは?

2つの相違点は、ダンプファイル自体には含まれませんが、システムのページングファイルのサイズはWindowsによって設定されます。

違いはページングファイルのサイズを設定している場合に、自動的にページングファイルのサイズを大きくして取得するという点だ。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\CrashControl\LastCrashTimeにそのイベントが記録され、ページングファイルサイズのサイズ増加は4週間保持される。

現在のページサイズはシステムの詳細設定パフォーマンス -> 設定で確認できる。

WindowsCrushdump width=320

アクティブダンプで除外されるものは?

以下が除外される。役に立たないその他さまざまな種類とは……

  • 空きおよびゼロのリスト
  • ファイルキャッシュ、ゲストVMのページ
  • デバッグ中には役に立たないその他のさまざまな種類のメモリ上のページ

コメント・シェア

pingで明示的にIPv4を指定する

 
カテゴリー Windows   タグ

IPv6で通信できる機器はIPv6が優先される

IPv6で通信できる場合は、IPv6が優先されIPv6応答になる。

1
2
3
4
5
6
C:\Users\USER>ping TARGETHOST

TARGETHOST.local [fe80::208:9bXX:feXX:XX98%8]に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
fe80::208:9bXX:feXX:XX98%8 からの応答: 時間 <1ms
fe80::208:9bXX:feXX:XX98%8 からの応答: 時間 <1ms
fe80::208:9bXX:feXX:XX98%8 からの応答: 時間 <1ms

IPv4で疎通を確認するには

IPv4のPingを実行するには-4オプションをつけて実行する。
-6オプションをつければIPv6で実行できる。

1
2
3
4
5
6
7
C:\Users\USER>ping -4 TARGETHOST

TARGETHOST [192.168.xxx.xxx]に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
192.168.xxx.xxx からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=64
192.168.xxx.xxx からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=64
192.168.xxx.xxx からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=64
192.168.xxx.xxx からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=64

コメント・シェア

HexoでMermaidを使ってダイアグラムを描く

 
カテゴリー SSG   タグ

HexoのMermaidプラグイン

hexo-filter-mermaid-diagramsのインストール

hexo-filter-mermaid-diagramsのインストール。

1
npm install hexo-filter-mermaid-diagrams --save

Tranquilpeakの設定

themes/tranquilpeak/_config.ymlにmermaidの設定を追加。

1
2
3
4
5
6
# Mermaid
mermaid:
enable: true
version: "7.1.2"
# Available themes: default | dark | forest | neutral
theme: default

Mermaidの読み込み

themes/tranquilpeak/layout/_partial/script.ejsに以下を追加。

1
2
3
4
5
6
7
8
<% if (theme.mermaid.enable) { %>
<script src='https://unpkg.com/mermaid@<%= theme.mermaid.version %>/dist/mermaid.min.js'></script>
<script>
if (window.mermaid) {
mermaid.initialize({theme: 'forest'});
}
</script>
<% } %>

ダイアグラムを描く

書き方

コードブロックでmermaidのコードであることを示して記述する。
コードブロックで書くことがサンプルで表現されていないので注意。

フローチャート

1
2
3
4
5
graph TD;
A-->B;
A-->C;
B-->D;
C-->D;
graph TD;
    A-->B;
    A-->C;
    B-->D;
    C-->D;

Sequence diagram

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
sequenceDiagram
participant Alice
participant Bob
Alice->>John: Hello John, how are you?
loop Healthcheck
John->>John: Fight against hypochondria
end
Note right of John: Rational thoughts <br/>prevail...
John-->>Alice: Great!
John->>Bob: How about you?
Bob-->>John: Jolly good!
sequenceDiagram
    participant Alice
    participant Bob
    Alice->>John: Hello John, how are you?
    loop Healthcheck
        John->>John: Fight against hypochondria
    end
    Note right of John: Rational thoughts 
prevail... John-->>Alice: Great! John->>Bob: How about you? Bob-->>John: Jolly good!

Gantt diagram

1
2
3
4
5
6
7
8
9
gantt
dateFormat YYYY-MM-DD
title Adding GANTT diagram to mermaid

section A section
Completed task :done, des1, 2014-01-06,2014-01-08
Active task :active, des2, 2014-01-09, 3d
Future task : des3, after des2, 5d
Future task2 : des4, after des3, 5d
gantt
dateFormat  YYYY-MM-DD
title Adding GANTT diagram to mermaid

section A section
Completed task            :done,    des1, 2014-01-06,2014-01-08
Active task               :active,  des2, 2014-01-09, 3d
Future task               :         des3, after des2, 5d
Future task2               :         des4, after des3, 5d

Class diagram

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
classDiagram
Class01 <|-- AveryLongClass : Cool
Class03 *-- Class04
Class05 o-- Class06
Class07 .. Class08
Class09 --> C2 : Where am i?
Class09 --* C3
Class09 --|> Class07
Class07 : equals()
Class07 : Object[] elementData
Class01 : size()
Class01 : int chimp
Class01 : int gorilla
Class08 <--> C2: Cool label
classDiagram
Class01 <|-- averylongclass : cool class03 *-- class04 class05 o-- class06 class07 .. class08 class09 --> C2 : Where am i?
Class09 --* C3
Class09 --|> Class07
Class07 : equals()
Class07 : Object[] elementData
Class01 : size()
Class01 : int chimp
Class01 : int gorilla
Class08 <--> C2: Cool label

Git graph

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
gitGraph:
options
{
"nodeSpacing": 150,
"nodeRadius": 10
}
end
commit
branch newbranch
checkout newbranch
commit
commit
checkout master
commit
commit
merge newbranch
gitGraph:
options
{
    "nodeSpacing": 150,
    "nodeRadius": 10
}
end
commit
branch newbranch
checkout newbranch
commit
commit
checkout master
commit
commit
merge newbranch

コメント・シェア

GoogleSearchConsoleでモバイルフレンドリーでないと判定されてしまう

モバイルユーザビリティでエラーがでている

  • テキストがちいさすぎて読めません
  • クリック可能な要素が小さすぎます
  • コンテンツの幅が画面の幅を超えています

SearchConsole width=640

エラー内容のページで再検査を試みるが……

SearchConsole width=640

検証プロセスを終了できませんで検査できない。

SearchConsole width=640

モバイルフレンドリーテストツールで原因を探る

モバイルフレンドリーのエラーはSearch Consoleにあるモバイルフレンドリーテストツールで検証できる。

SearchConsole width=640

SearchConsole width=640

SearchConsole width=640

検査の結果からエラー原因を突き止める

このページはモバイルフレンドリーではありませんと結果が表示されている。スクリーンショットをみると画面が崩れている。

SearchConsole width=640

エラーの詳細をみるとページが部分的に読み込まれましたとなっており、具体的に読み込めなかったファイルを確認していくと・・・CSSが読み込めていない。

SearchConsole width=640

エラーの原因を改善する

robots.txtテストツールで確認すると、robtos.txtでCSSが読み込めない設定になっている。
このサイトで使用しているHexoではassetsディレクトリーにCSSを含んでいるため、GoogleクローラーがCSSを読めない状態になっている。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
User-agent: *
Disallow: /all-categories/
Disallow: /categories/
Disallow: /all-tags/
Disallow: /tags/
Disallow: /all-archives/
Disallow: /assets/images/
Disallow: /assets/
Sitemap: https://www.nullpo.io/sitemap.xml

該当の2行を削除。

1
2
3
4
5
6
7
User-agent: *
Disallow: /all-categories/
Disallow: /categories/
Disallow: /all-tags/
Disallow: /tags/
Disallow: /all-archives/
Sitemap: https://www.nullpo.io/sitemap.xml

修正したページで再検査する

再度検査を実行すると、このページはモバイルフレンドリーですとなり、スクリーンショットも正常。

SearchConsole width=640

SearchConsole width=640

1週間程度経過しても、GoogleSearchConsoleの状態が変わらない・・・

仮説① google側がrobots.txtのキャッシュをもっているのではないか?

robots.txtテストツール送信からGoogleに通知できるようなのでトライする。

SearchConsole width=640

しかし、送信しました。すぐにテスターページを再読み込みしてタイムスタンプを確認してください。という表示がされた。つまり、テスターで読み込めていればGoogle側は更新したrobots.txtを読み込み済ということだ。

SearchConsole width=640

仮説② Googleのロボットが古いコンテンツキャッシュを持っているのではないか?

GoogleSearchConsoleのURL検査から検索ウインドにURLを入力して実行すると、検査ページが現れる。
検査ページではモバイルユーザビリティに問題があると報告されている。

SearchConsole width=640

検査ページで公開URLのテストを実行。

SearchConsole width=640

テストが終わるとライブテストというタブで結果が表示されている。エラーもない。

SearchConsole width=640

もうひとつのGOOGLEインデックスというタブを開くと……エラーのある状態だ。

SearchConsole width=640

表示されているインデックス登録をリクエストをクリック。

SearchConsole width=640

数日後、全ページのエラーが解消

モバイルユーザビリティで発生していたエラーはすべてて解消!

SearchConsole width=640

SearchConsole width=640

コメント・シェア

HexoのGoogleChartプラグイン

hexo-tag-googlechartsのインストール

1
npm install hexo-tag-googlecharts -- save

GoogleChartを読み込む

themes/tranquilpeak/layout/_partial/head.ejs<script type="text/javascript" src="//www.google.com/jsapi"></script>を読み込むように追記する。

1
2
3
    <!-- Google Chart -->
<script type="text/javascript" src="//www.google.com/jsapi"></script>
</head>

チャートを描く

書き方

1
2
3
4
5
6
7
8
9
{% googlecharts ChartType [width [height]] %}
Title for the Graph
{ "customOptions": true }
'Column1', 'Column2', 'Column3'
1000, 28, 5
5000, 71, 19
10000, 143, 37
20000, 282, 68
{% endgooglecharts %}
  • ChartTypeにはチャート名を記載
  • オプションはJSON形式で渡す
  • データはCSV形式で記述

Pie Chart

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
{% googlecharts PieChart 100% %}
Pie Chart
{}
'Task', 'Hours per Day'
'Work', 11
'Eat', 2
'Commute', 2
'Watch TV', 2
'Sleep', 7
{% endgooglecharts %}

Donut Charts

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
{% googlecharts PieChart 100% %}
Donut Charts
{"pieHole": 0.4}
'タスク', '時間'
'仕事', 11
'食事', 2
'通勤', 2
'テレビ', 2
'睡眠', 7
{% endgooglecharts %}

Table Charts

1
2
3
4
5
6
7
8
9
{% googlecharts Table 100% 100% %}
Table Charts
{"showRowNumber": true}
'Name', 'Salary', 'Full Time Employee'
'Mike', {v: 10000, f: '$10,000'}, true
'Jim', {v:8000, f: '$8,000'}, false
'Alice', {v: 12500, f: '$12,500'}, true
'Bob', {v: 7000, f: '$7,000'}, true
{% endgooglecharts %}

Bar Charts

1
2
3
4
5
6
7
8
9
{% googlecharts BarChart 100% %}
Bar Charts
{}
'Element', 'Density', { role: 'style' }
'Copper', 8.94, '#b87333'
'Silver', 10.49, 'silver'
'Gold', 19.30, 'gold'
'Platinum', 21.45, 'color: #e5e4e2'
{% endgooglecharts %}

Goe Charts

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
{% googlecharts GeoChart 640 480 %}
GeoCharts
{}
'Country', 'Popularity'
'Germany', 200
'United States', 300
'Brazil', 400
'Canada', 500
'France', 600
'RU', 700
{% endgooglecharts %}

Bubble Charts

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
{% googlecharts BubbleChart 640 480 %}
Bubble Charts
{"hAxis": {"title": "Life Expectancy"}, "vAxis": {"title": "Fertility Rate"}, "bubble": {"textStyle": {"fontSize": 11}}}
'ID', 'Life Expectancy', 'Fertility Rate', 'Region', 'Population'
'CAN', 80.66, 1.67, 'North America', 33739900
'DEU', 79.84, 1.36, 'Europe', 81902307
'DNK', 78.6, 1.84, 'Europe', 5523095
'EGY', 72.73, 2.78, 'Middle East', 79716203
'GBR', 80.05, 2, 'Europe', 61801570
'IRN', 72.49, 1.7, 'Middle East', 73137148
'IRQ', 68.09, 4.77, 'Middle East', 31090763
'ISR', 81.55, 2.96, 'Middle East', 7485600
'RUS', 68.6, 1.54, 'Europe', 141850000
'USA', 78.09, 2.05, 'North America', 307007000
{% endgooglecharts %}

コメント・シェア

HexoのTranquilpeakをみやすくカスタマイズ

 
カテゴリー SSG   タグ

フォントを変更する

Webフォントを読み込む

themes/tranquilpeak/layout/_partial/head.ejs<link href="https://fonts.googleapis.com/earlyaccess/notosansjapanese.css" rel="stylesheet">を読み込むように追記する。

1
2
3
    <!-- Web Fonts -->
<link href="https://fonts.googleapis.com/earlyaccess/notosansjapanese.css" rel="stylesheet">
</head>

フォントを使用する

themes/tranquilpeak/source/_css/utils/_variables.scssをカスタマイズする。
Noto Sans Japaneseフォントを読み込み、codeとhighlight以外を置き換える。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
// Font families
$open-sans: 'Open Sans';
$open-sans-sans-serif: 'Open Sans', sans-serif;
$merriweather-serif: 'Merriweather', serif;
$monospace: Menlo, Consolas, monospace;
$noto-sans-japanese: 'Noto Sans Japanese';

//$font-family-base: $open-sans-sans-serif;
$font-family-base: $noto-sans-japanese;

$font-families: (
//// base
//'headings': $open-sans-sans-serif,
//// components
//'code': $monospace,
//'caption': $merriweather-serif,
//'image-gallery': $open-sans,
//'post-header-cover': $merriweather-serif,
//'post-meta': $open-sans-sans-serif,
//'post-content': $merriweather-serif,
//'post-excerpt-link': $open-sans-sans-serif,
//'highlight': $monospace,
//// layout
//'sidebar': $open-sans-sans-serif
// base
'headings': $noto-sans-japanese,
// components
'code': $monospace,
'caption': $noto-sans-japanese,
'image-gallery': $noto-sans-japanese,
'post-header-cover': $noto-sans-japanese,
'post-meta': $noto-sans-japanese,
'post-content': $noto-sans-japanese,
'post-excerpt-link': $noto-sans-japanese,
'highlight': $monospace,
// layout
'sidebar': $noto-sans-japanese
);

ヘッダーのカスタマイズ

themes/tranquilpeak/layout/_partial/post/meta.ejsをカスタマイズして、見やすくする。

  • 記事投稿日だけでなく記事の更新日も表示する
  • 各メタ情報のアイコンを表示する
  • カテゴリーだけでなくタグもヘッダーに表示する
  • カテゴリーもタグと同じ表示形式にする
  • フォントをtext-smallからtext-mediumにして
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
<div class="<%= (classes ? classes.join(' ') : '') %>">
<!-- 記事投稿日 -->
<i class="fas fa-file-alt"></i>
<time datetime="<%= post.date.format() %>">
<span class="text-color-light text-medium">
<% if (post.lang) { %>
<%= post.date.locale(post.lang).format(__('date_format')) %>
<% } else { %>
<%= post.date.locale(page.lang).format(__('date_format')) %>
<% } %>
</span>
</time>
&nbsp;
<!-- 記事更新日 -->
<% if (post.updated) { %>
<i class="fas fa-redo-alt"></i>
<time datetime="<%= post.updated.format() %>">
<span class="text-color-light text-medium">
<% if (post.lang) { %>
<%= post.updated.locale(post.lang).format(__('date_format')) %>
<% } else { %>
<%= post.updated.locale(page.lang).format(__('date_format')) %>
<% } %>
</span>
</time>
<% } %>
<br>
<!-- カテゴリー -->
<% if ((post.categories) && (post.categories.length > 0)) { %>
<i class="far fa-folder-open"></i>
<span class="text-color-light text-medium"><%= __('post.categorized_in') %> </span>
<%- partial('category', {categories: post.categories})%>
<% } %>
&nbsp;
<!-- タグ -->
<% if ((post.tags) && (post.tags.length > 0)) { %>
<i class="far fa-folder-open"></i>
<span class="text-color-light text-medium"><%= __('post.tagged_in') %> </span>
<%- partial('tag', {tags: post.tags})%>
<% } %>
</div>

フッターのカスタマイズ

themes/tranquilpeak/layout/_partial/post.ejsをカスタマイズして、フッターからタグを削除。

  • タグをフッターに表示しない
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
    <div id="post-footer" class="post-footer main-content-wrap">
<!--
<% if ((post.tags) && (post.tags.length > 0)) { %>
<div class="post-footer-tags">
<span class="text-color-light text-small"><%= __('post.tagged_in') %></span><br/>
<%- partial('post/tag', {tags: post.tags})%>
</div>
<% } %>
-->
<% if (post.actions === undefined || post.actions) { %>
<%- partial('post/actions', {postContent: postContent}) %>
<% } %>
<% if (post.comments) { %>
<% if (theme.disqus_shortname) { %>
<%- partial('post/disqus') %>
<% } else if (theme.gitment.enable) { %>
<%- partial('post/gitment') %>
<% } else if (theme.gitalk.enable) { %>
<%- partial('post/gitalk') %>
<% } %>
<% } %>
</div>
</article>

ベフォーアフター

元々発生していたGoogleAnalyticsでのエラー

GoogleAnalytics Error width=640

ヘッダーおよびフォントの変化

ビフォー。アルファベットと日本語のバランスが良くない。

Hexo Tranquilpeak width=640

アフター。統一感があって読みやすい。カテゴリーとタグも視認しやすくなったが、ゴチャついてる感じも。

Hexo Tranquilpeak width=640

フッターの変化

ビフォー。記事が長いとアクセスしにくいタグ。

Hexo Tranquilpeak width=640

アフター。すっきり。

Hexo Tranquilpeak width=640

コメント・シェア

仮想通貨マイニングプラットフォームNiceHash

仮想通貨マイニングとは?

送金者は、金額や受取人などの取引情報(トランザクション)を、ネットワークを構成するマイナー(miner, 採掘者)と呼ばれるノードにブロードキャストする。マイナーは、受け取った取引情報をブロックという形でまとめ、ブロックチェーンの末尾に追加する。ただし、新しいブロックを記録するためには計算量の大きな問題を解く必要がある。マイナーたちは競ってその問題を解き、最初にブロックを追加することに成功したマイナーだけが一定額の報酬を得ることができる。二重支払いなどの不整合性は、ブロックをブロックチェーンに記録する際に他のノードによってチェックされる。

問題は10分ほどで解けるように難易度が調整されており、送金者は、取引の整合性がマイナーたちによって確認され、ブロックチェーンに記録されるまで同程度の時間を待たねばならない。流通するすべての ビットコイン通貨は、このようにマイナーへの報酬という形で市場に供給される。

仮想通貨(CryptCurrency)のマイニングは、ハッシュ計算(ハッシュパワー)の対価に報酬を得る仕組み。

nicehash?

nicehashはスロベキアに本拠地を置くハッシュパワーを取引するハッシュパワ取引所サービス。仮想通貨(CryptCurrency)のマイニングプラットフォーム。
2017年12月7日、約4700BTCを奪われる事件が発生。2017年12月22日に営業を再開したがCEOのマルコ・コバル氏は辞任。その後サービスは再開されている。

なにをつかってマイニングするか?

GPUを使ってマイニングする。どの程度掘れるかの目安はminerstatで確認できる。
現在使用しているNvidia RTX 2070だと、2021年1月末ごろのレートで1日あたり大体2.5USD~3.5USDぐらい。

nicehashの導入

NiceHashのダッシュボードにアクセスする

a. NiceHashへアクセス

NiceHash width=640

b. NiceHashのアカウントを登録

NiceHash width=640

c. 登録したアカウントでログイン

NiceHash width=640

d. ダッシュボード

NiceHash width=640

NiceHash Minerのインストール

NiceHash Quick Minerというものもあるが、NiceHash Minerをダウンロードする
ダウンロードセンターからもダウンロードできる。

a. RIGの構築をはじめる

NiceHash width=640

b. 指示されている以下の設定を実施する

  • Method 1: Disabling Windows Defender real-time protection and making an exclusion
  • Method 2: Allowing and restoring the false-positive files (recommended)

NiceHash width=640

c. NiceHash Minerをダウンロード

NiceHash width=640

NiceHash width=640

d. ダウンロードしたインストーラーを実行

e. License AgreementにI Agree

NiceHash width=640

f. Finish

NiceHash width=640

g. NiceHash Minerを実行

h. TERMS OF SERVICEにI ACCEPT

NiceHash width=640

i. Disclaimer on usage of 3rd party softwareにI ACCEPT

NiceHash width=640

j. Choose LanguageはEnglishNEXT

NiceHash width=640

k. LOGIN

NiceHash width=640

l. NIceHashのアカウントでログイン

NiceHash width=640

m. マイナーアルゴリズムなどのモジュールがダウンロードされる。

NiceHash width=640

NiceHash width=640

HashMinerの調整

a. インストールしたNiceHash MinerがMyRigsに表示されている

NiceHash width=640

b. BenchmarkタブのSTART BENCHMARKからベンチマークを行う

ベンチマークは時間がかかるのでしばらく時間を置く必要がある。

NiceHash width=640

NiceHash width=640

c. Pluginsタブで利用可能なマイナーモジュールを確認できる

マイニングに使用するアルゴリズムは自動選択されるが、特定のアルゴリズムで不具合が生じた場合はここで無効化できる

NiceHash width=640

d. MyRigsに設定したRigが表示される

NiceHash width=640

e. CPUでのマイニングを無効化

NiceHash width=640

マイニング状況

インストール後から1週間後のマイニング状況

NiceHash width=640

この1日後(おおむね $3/DAY)

NiceHash width=640

コメント・シェア

パスワードマネージャー

主要なパスワードマネージャー

比較

項目 1Password LastPass Dashlane Bitwarden
ブラウザ拡張
モバイルアプリ
多要素認証
オープンソース × × ×
無料プラン × ×
有料プラン(年間) 36USD 36USD 40USD 10USD

Bitwardenのコスパがすごくいい。

Bitwarden

特徴

  • パスワードマネージャーの機能としては必要十分
  • 無料プランで十分実用的
  • OpenSource(GitHub)
  • Bitwardenクラウドを利用できるが、パスワードマネージャーサーバを構築することも可能

End-to-End Encryption

end-to-end AES-256 bit encryption, salted hashing, and PBKDF2 SHA-256.

個人情報やパスワードはエンドエンド間で暗号化。暗号化アルゴリズムはAES256。ハッシュはPBKDF2。PBKDF2は安全なハッシュ方式でSHA-256をベースにソルトやストレッチ(複数回ハッシュ化を繰り返して解析耐性を上げる)。

Cross-Platform Applications

クロスプラットフォーム対応。主要なものは対応している。

  • Desktop(Windows, macOS, Linux)
  • Web Browser(GoogleChrome, Safari, Mozilla Firefox, Vivaldi, Opera, Brave, Microsoft Edge, Tor Browser)
  • Mobile(Apple, Google)
  • Command Line(Windows, macOS, Linux
  • Web(Access Web Vault)

BitWartdenアカウントの作成

Create Your Free Accountからアカウント作成

Bitwarden width=640

Bitwarden width=640

保管庫にアカウントデータが保存される。

Bitwarden width=640

Bitwarden width=640

パスワード生成ツールによってポリシーに従ったランダムパスワードを付与できる

Bitwarden width=640

2段階認証で多要素認証の設定が可能。

Bitwarden width=640

Chromenに保存したID/パスワードのエクスポート

Chromeに保存されたID/パスワードをエクスポートする。設定->自動入力->パスワードから。

Bitwarden width=640

Bitwarden width=640

エクスポートにはWindowsの認証が必要。

Bitwarden width=320

Chromenに保存したID/パスワードのインポート

データをインポートから、ChromeのCSVを選択して、エクスポートしたデータをインポート。

Bitwarden width=640

Bitwarden width=640

Bitwarden width=640

保管庫にインポートされる。

Bitwarden width=640

BitwardenのChromeアドオン

Bitwarden無料パスワードマネージャーを追加。

Bitwarden Chrome width=640

Bitwarden Chrome width=320

Bitwarden Chrome width=640

アドオンにログインすれば、保管庫のID/パスワードを自動入力できるようになる。

Bitwarden Chrome width=320

Bitwarden Chrome width=320

Bitwarden Chrome width=320

コメント・シェア

動かない

コード0x8004de40
インターネットにはつながっていますか?のようなものを除き主要な対策は3つ。

Onedrive Error width=480

対策1: TLSが有効であることを確認する

  1. inetcpl.cplを実行
  2. 詳細設定でTLS1.0、TLS1.1、TLS1.2にチェックが入っていることを確認

対策2: Windows Socket (Winsock)カタログをリセットする

  1. cmdを管理者で実行
  2. 起動したコマンドプロンプトでnetsh winsock reset catalogを実行

Onedrive Error width=480

対策3: OneDriveをリセットする

大量にファイルがあると、時間がかかるので注意。

  1. %localappdata%\\Microsoft\\OneDrive\\onedrive.exe /resetを実行
  2. %localappdata%\\Microsoft\\OneDrive\\onedrive.exeで再起動

それでも動かない

これら主要なワークアラウンドでこの時は結局解決しなかった。
しかし、溜まっていたWindowsUpdateを適用したらなぜか解消……。なにそれ。

コメント・シェア

OneDriveの個人用Vaultとは

Office365を利用していると1TBのストレージと制限なしの個人用Vaultが使える。

個人用Vault、表記によってはPersonal Vaultになっている。使用しているプランによって使えるファイル数制限がある。
個人用Vaultは普段ロックされ、多要素認証を行うことで保護したフォルダーにアクセスすることができる。利用しない場合は20分(モバイルアプリでは3分)で自動ロックされる。

項目 Microsoft 365 Personal OneDrive Standalone 100GB OneDrive Basic 5 GB
合計ストレージ 1 TB 100 GB 5 GB
個人用Vault 制限なし 3ファイル 3ファイル

個人用Vaultを使う

OneDriveのフォルダー内にある個人用Vaultのアイコンからセットアップ開始

OneDriveVaultwidth=320

OneDriveVaultwidth=320

OneDriveVaultwidth=320

個人用Vaultアイコンから再度実行すると、本人確認を促される。

OneDriveVaultwidth=320

OneDriveVaultwidth=320

OneDriveVaultwidth=320

本人確認後、フォルダーを読み書きできるようになる。

OneDriveVaultwidth=320

個人用Vaultフォルダーのロック

手動でロックすることもできる。

OneDriveVaultwidth=480

ロックするとフォルダーへのアクセスはエラーに。

OneDriveVaultwidth=480

同期もできなくなっている。

OneDriveVaultwidth=320

ロックを解除するとOneDriveの設定画面でも確認できる。ここからロックすることもできる。

OneDriveVaultwidth=320

多要素認証を変更する

メールではなくGoogleAuthenticatorのようなアプリを利用するように変更することができる。

  1. Microsoft アカウントにアクセス

OneDriveのアカウントでサインイン

OneDriveVaultwidth=640

OneDriveVaultwidth=640

OneDriveVaultwidth=640

セキュリティ情報を更新する。

OneDriveVaultwidth=640

OneDriveVaultwidth=640

OneDriveVaultwidth=640

OneDriveVaultwidth=640

OneDriveVaultwidth=640

認証アプリでのコード入力を追加する。身元を証明する方法のサインインまたは確認の新しい方法を追加から追加する。

OneDriveVaultwidth=640

アプリを使う。

OneDriveVaultwidth=640

Microsoft Authenticatorは使わないのでスキップ。

OneDriveVaultwidth=640

自分のAuthenticatorアプリでQRコードを読み込み設定。

OneDriveVaultwidth=640

認証アプリからコードを入力するが追加されている。

OneDriveVaultwidth=640

個人用Vaultにアクセスしようとすると、今度は認証アプリでコード入力が求められる。

OneDriveVaultwidth=320

自動ロックの時間を設定する

OneDriveのアカウント設定で設定できる。標準は20分。

OneDriveVaultwidth=480

コメント・シェア

nullpo

めも


募集中


Japan